大分の養殖魚と産地の紹介

大分の養殖魚と産地を紹介します

大分の養殖魚

本県の南部はリアス式海岸で静穏域が多いことと、水温も冬期に12℃以上あり、魚の養殖に適しているため、養殖についての事前調査が行われた後、昭和36年に米水津湾において漁業権が設定され、当時の米水津村漁業協同組合がブリ養殖をおこなったことが始まりとされています。
昭和40年代に入ると県下各地に広がっていき、臼杵市から佐伯市蒲江にいたる各湾で養殖がおこなわれるようになりました。
今では、ブリ、マダイをはじめとして、カンパチヒラマサシマアジトラフグヒラメ等が養殖されている。
特に陸上水槽でのヒラメ養殖は全国一の生産量となっている
また、最近では、マハタやカワハギ養殖にも取り組んでいる。

各産地の養殖魚マップ

大分県各産地の養殖魚マップ

写真で見る養殖

漁場
沖合養殖漁場 沖合養殖漁場 モイストペレットを給餌中
     
育成中
 
モジャコ育成中の筏 育成中のモジャコ  
     
出荷
出荷のために岸壁に運搬船で魚を持ってきたところ 活間から陸上へ 陸上の水槽に魚を移しているところ
計量後、箱詰め作業 パーチをして氷をうって積み込み 輸送トラックへの積み込み
   
積み込み作業中